5月の祈り 第21日

(朝ごとの食物  サムエル記上、下 結晶の学び (3) 第11週6日)

 

シュラムの女の享受とアビガイルの苦難の生活を経験します

 

ヘブル6:19-20

わたしたちが持っているこの望みは、安全で確固とした魂の錨であり、幕の内側に入って行くものです.先駆者イエスは……わたしたちのために幕の内側に入られたのです。

 

雅6:13

「帰れ、帰れ、シュラムの女よ.……わたしたちはあなたを見たい」。「どうして、あなたがたはシュラムの女を見るのか? 二つの陣営の踊りを見るように」。

 

「わたしたちはシュラムの女とソロモンのように、象牙の宮殿の中にとどまって、内側では主と交わります。またアビガイルのように、ダビデに従って戦うことによって、また苦難を受けることによって、外側では生活し、働きます(詩45:8.サムエル上25:40-42)。キリストにある信者は、幕の内側、交わりの奥の間から出て来るとき、十字架の道を取り、苦難を受けたイエスに従って行くことができます(ヘブル6:19.10:19-20.13:13)」。

 

 主よ、わたしたちが幕の内側で、復活したキリストとの交わりの中にとどまることができますように。そして主よ、わたちたちの生活の中で十字架の道を取り、苦難を受けたイエスに従って行くことができますように。

 

 

シュラムの女の予表は主観的であり、今日のわたしたちの経験のためです

 

 わたしたちが主を信じた時、わたしたちは人からの迫害や嫌がらせに直面したかもしれません。外側で、わたしたちは圧迫されており、痛みがありましたが、内側でわたしたちに栄光を感じさせる力がありました。わたしたちは外側で涙を流したかもしれませんが、内側で喜んでいました。その力、栄光、喜びは復活です。それらは、わたしたちの中のソロモンとしてのキリストです。シュラムの女は将来における栄光化された召会を予表し、また今日、復活の中にある召会を予表します。

 

 シュラムの女の予表は単に将来における客観的なものではありません。彼女は主観的であり、今日のわたしたちの経験のためです。・・・・・ ある日、すべての死んだ聖徒は復活させられ、すべての生きている聖徒は変貌させられ、携え上げられ、わたしたちは完全に復活の中へと入ります。しかしながら、その日が来る前でさえ、わたしたちは復活の中に生きることができます。(「召会の三つの面、第1巻:召会の意義」、第9章)

 

(JGW日本福音書房 回復訳聖書より)


5月の祈り 第20日

(朝ごとの食物  サムエル記上、下 結晶の学び (3) 第11週5日)

 

クリスチャン生活は、内側の面は、シュラムの女であり、 外側の面はアビガイルによって予表されます

 

ヘブル10:19-20

こういうわけで、……わたしたちはイエスの血によって、大胆に至聖所へ入ります.それは、彼がわたしたちのために、彼の肉体である幕を通して、一つの新しい生きた道を開設してくださったからです。

 

「わたしたちのクリスチャン生活には二つの面、すなわち、内側の面と外側の面があります(ヘブル6:19-20.13:13)。内側の面は、シュラムの女によって予表されており、外側の面はアビガイルによって予表されています(雅6:4, 10, 13.ヘブル13:13)。一方で、わたしたちは幕の内側に、すなわち、至聖所の中にいます。もう一方で、わたしたちは都の外、営所の外で、人々の前にいます(ヘブル6:19-20.13:13)。わたしたちは内側で、復活したキリストを享受し、外側でイエスに従って行きます(ヘブル6:19.13:13)」。

 

 主よ、わたしたちのクリスチャン生活を導いてください。内側でシュラムの女のように、復活したキリストを享受させてください。そして、主よ、外側でイエスに従って行き、主のために証しし、主のために働くことができますように。

 

 

わたしたちは内側で、復活したキリストを享受し、外側でイエスに従って行きます

 

 わたしたちのクリスチャン生活には二つの面、すなわち、内側の面と外側の面があります。内側の面はシュラムの女にたとえることができ、外側の面はアビガイルにたとえることができます。一方で、わたしたちは幕の内側にいます。もう一方で、わたしたちは都の外、営所の外にいます。一方で、わたしたちは至聖所の中にいます。もう一方で、わたしたちは人々の前にいます。わたしたちは内側で、復活したキリストを享受し、外側でイエスに従って行きます。

 

 わたしたちは朝、部屋で祈っているとき、キリストに触れます。このことはシュラムの女とソロモンが象牙の宮殿の中で共に生活し、交わることにたとえることができます(詩45:8)。わたしたちは奥の間、すなわち、至聖所、ひそかな所で主に触れます。わたしたちは外側の生活において主のために証しし、主のために働くとき、アビガイルが荒野でダビデと共にさすらっているかのようです。(「召会の三つの面、第1巻:召会の意義」、第9章)

 

(JGW日本福音書房 回復訳聖書より)


5月の祈り 第19日

(朝ごとの食物  サムエル記上、下 結晶の学び (3) 第11週4日)

 

主の中で、また彼の力強い大能の中で力づけられなさい

 

エペソ6:10-12

最後に、主の中で、また彼の力強い大能の中で力づけられなさい。神のすべての武具を身に着けなさい.悪魔の策略に敵対して立つことができるためです.というのは、わたしたちの格闘は血肉に敵対するものではなく、支配者たちに、権威者たちに、この暗やみの世の主権者たちに、天上にいるあの悪の霊の勢力に、敵対するものだからです。

 

「霊的戦いが必要とされるのは、サタンの意志が神の意志に敵対しているからです(マタイ6:10.7:21.イザヤ14:12-14)。召会として、わたしたちの戦いは、サタン的な意志を服従させ、神の敵を打ち破ることです(啓12:11)。キリストは、長年神の敵に敵対して戦ってきた者と結婚します(啓19:7-9, 11-16)」。

 

 主よ、サタンの意志が神の意志に敵対しているので、霊的な戦いがあります。主よ、わたしたちが霊的戦いのために、自分の意志を活用することによって、主の中で大能の中で力づけられますように。

 

 

わたしたちは自分の意志を活用して、主の中で力づけられる必要があります

 

 力づけられなさいという命令は、わたしたちが自分の意志を活用する必要があることを暗示しています。霊的戦いのために力づけられようとするなら、わたしたちの意志は強くあり、活用されなければなりません。わたしたちはくらげのように、意志が弱くてぐらついている者であってはなりません。

 

 ぺンテコステの日にペテロは人々に、「この曲がった世代から救われなさい」と告げました(使徒2:40)。この命令は、能動的でありまた受動的であるように見えます。これには、「なさい」という能動的なことを暗示する言葉と、「救われ」という受動的なことを暗示する言葉があります。エペソ人への手紙第6章10節の「力づけられなさい」というパウロの命令も同じです。……わたしたちは自分の意志を活用して、主の中で力づけられる必要があります。…… わたしたちは新しい人のために新しくされる必要があり、花嫁のためには服従する必要があり、戦士のためには力づけられる必要があります。(エペソ人への手紙ライフスタディ(3)、第63編)

 

(JGW日本福音書房 回復訳聖書より)


5月の祈り 第18日

(朝ごとの食物  サムエル記上、下 結晶の学び (3) 第11週3日)

 

わたしたちはキリストの苦難において彼と一である必要があります

 

啓19:7,13,14

わたしたちは喜び歓喜し、彼に栄光を帰そう.小羊の婚姻の時が来て、彼の妻は用意を整えたからである。 13……彼の名は神の言と呼ばれる。14 そして天にある軍勢が白い馬に乗り、白くて清い細糸の亜麻布を着て彼に従った。

 

「アビガイルがダビデと結婚したことは、戦いのために軍隊に加わった召会を予表しています(エペソ6:10-20)。アビガイルは、神の王国のために苦難のただ中で戦う召会を予表しています(啓1:9.11:15.12:10)。アビガイルの予表は、わたしたちがキリストの苦難において彼と一である必要があることを描写しています(ピリピ3:10.コロサイ1:24.啓1:9)」。

 

 主よ、あなたは、神の王国のために苦難のただ中で戦うアビガイルのような召会を必要としています。主よ、わたしたちが、キリストの苦難にあずかり、神の執事職を遂行する者となることができますように。

 

 

神の執事職は苦難を通してのみ遂行されます

 

 コロサイ人への手紙第1章24節でパウロは言います、「わたしは今、あなたがたのために受ける苦難を喜び、そしてキリストのからだなる召会のために、キリストの苦しみの欠けたところを、わたしの肉体において補い満たしています」。キリストの苦しみは、二つの部類から成ります。一つは、贖いを成就するためのものであり、それはキリストご自身によって成就されました。もう一つは、召会を生み出し建造するためのものであり、それは使徒たちと信者たちによって、満たされる必要があります。

 

 パウロがキリストの苦しみを神の執事職に関連して述べているという事実は、執事職が苦難を通してのみ遂行され得ることを示しています。もしわたしたちが神の執事職にあずかることを願うなら、苦しむ用意ができていなければなりません。召会の奉仕に、あるいは務めにあずかる者たちはすべて、執事の苦しみにあずかる用意ができていなければなりません。この事が意味するのは、わたしたちが、自分の執事職を果たすのに必要とされる代価は何であれ、進んで支払わなければならないということです。(「コロサイ人への手紙ライフスタディ(1)」、第11編)

 

(JGW日本福音書房 回復訳聖書より)


5月の祈り 第17日

(朝ごとの食物  サムエル記上、下 結晶の学び (3) 第11週2日)

 

キリストは、王であり祭司であることに加えて、戦士です

 

啓19:11

……わたしは、天が開かれるのを見た.すると見よ、白い馬と、それに座している「忠信」と「真実」と呼ばれる方がおられた.彼は義の中で裁き、また戦う。

 

「ダビデは、苦難のただ中で戦うキリストを予表しています(サムエル上25:28)。ダビデは、復活する前に地上で苦難の中にあった人としての主イエスを予表しています。詩篇第110篇5節から6節が啓示しているのは、キリストが王でありまた祭司であることに加えて、戦士であるということです。啓示録第19章11節から14節によれば、キリストは再来する時、戦う方です」。

 

 主よ、あなたはの婚宴の後、戦う将軍として、彼の花嫁、すなわち、彼の軍勢である勝利を得た信者たちと共に来られます。主よ、わたしたちが今日の恵みの時代に、生活の中で勝利を得て花嫁・戦士たちとなることができますように。

 

 

キリスト、花婿はご自身彼の花嫁と共に来て、反キリスト、偽預言者、十人の王とその軍隊と戦います

 

 啓示録第19章11節から16節と19節から21節で、キリストは神の言―王の王、主の主―として啓示されています。彼は戻って来て、反キリストと偽預言者を打ち破り、滅ぼします。キリストは彼の婚宴の後、戦う将軍として、彼の花嫁、すなわち、彼の軍勢である勝利を得た信者たちと共に来て、ハルマゲドンで反キリストと、彼の下にいる王たちと、彼らの軍隊とに対して戦います。これら三者はキリストに反対し続けます。反キリストに扇動されて、人は主の主、王の王と直接戦いさえします。反キリスト、偽預言者、十人の王とその軍隊は小羊と戦います。この戦いは、天に逆らう地の戦い、神に逆らう人の戦いです。キリストの敵はますます邪悪になって、神に宣戦布告さえします。

 

 人が実際に神に宣戦布告することができたとは、実に驚くべきことです。ですから、キリスト、花婿はご自身彼の花嫁と共に来て彼らと戦います。……花婿は最高司令官であり、花嫁は彼の軍勢です。これは新婚夫婦にとってハネムーンとなります。キリストはこのハネムーンの期間に宇宙を一掃されます。(「新約の結論(25)」、メッセージ425、426)

 

(JGW日本福音書房 回復訳聖書より)


5月の祈り 第16日

(朝ごとの食物  サムエル記上、下 結晶の学び (3) 第11週1日)

 

アビガイルは戦いにおける、ダビデの配偶者となりました

 

サムエル上25:28

どうか、あなたのはしための違反を赦してください.エホバは必ずわが主君のために、確かな家を造られます.わが主君はエホバの戦いを戦っておられ、あなたの一生の間、何の悪もあなたの中に見いだされないからです。

 

 「サムエル記上第25章1節後半から44節は、ダビデがナバルとアビガイルを対処したことの記録です。わたしたちはこの章で、ダビデをなだめることでのアビガイルの知恵を見ます(サムエル上25:23-31)。アビガイルの美しさと知恵はダビデを捕らえ、ダビデはナバルの死後、彼女を妻にしました。彼女は戦いにおける、ダビデの配偶者となりました(サムエル上25:36-44)」。

 

 主よ、あなたは今エホバの戦いを戦っておられます。主よ、わたしたち召会がアビガイルのように、苦難の中の戦いにおいて、主に従って行く配偶者となりますように。

 

 

古い人が打ち倒された時、わたしたちはキリストの配偶者となって、苦難の中で彼に従い、神の王国のために戦います

 

 ダビデは旧約において啓示されているキリストの最も徹底的な予表であり、最も長い期間を扱っています。新約もまたダビデがキリストを予表するとはっきりと啓示しています(マタイ12:3)。このゆえに、ダビデの妻は召会の予表です。ダビデには少なくとも三人の妻がいました。…… しかしながら、アビガイルだけが(サムエル上25:42節)、召会を予表する特徴を持っています。

 

 アビガイルの以前の夫は、わたしたちの古い人がキリストを捨て去ることでいかに邪悪であるかを示しています。アビガイルの以前の夫はナバルであり、それは「愚か」を意味します(サムエル上25:25)。ナバルはダビデの貧困の時に彼を軽んじ、拒絶し、反対しました(10-11節)。このことは、わたしたちの性質がキリストを拒絶し、キリストを軽んじ、キリストに反対することを予表します。しかしながら、ある日ナバルは討ち倒され、死にました。このことはアビガイルにダビデの妻となる機会を提供しました。このことが示しているのは、キリストを捨て去り、キリストを拒絶し、キリストを軽んじたわたしたちの腐敗した性質が打ち倒された時、わたしたちはキリストの配偶者となって、苦難のただ中で彼に従って行き、神の王国のために戦うということです。(「召会の三つの面、第1巻:召会の意義」、第8章)

 

(JGW日本福音書房 回復訳聖書より)


5月の祈り 第14日

(朝ごとの食物  サムエル記上、下 結晶の学び (3) 第10週6日)

 

神はわたしたちに対する慈愛の中の彼の恵みの卓越した豊富を展覧します

 

エペソ2:7

それは神が、キリスト・イエスの中で、わたしたちに対する慈愛の中の彼の恵みの卓越した豊富を、来たるべき時代において展覧するためでした。

 

エペソ4:32

そして、互いに親切で情け深くあり、神がキリストにあってあなたがたを赦してくださったように、赦し合いなさい。

 

「愛は慈しみ(親切)です(Ⅰコリント13:4)。わたしたちは互いに慈しみを示し(親切で)、情け深くあり、神がキリストにあってわたしたちを赦してくださったように、赦し合う必要があります(エペソ4:32)」。

 

 主よ、千年期と未来の永遠において、わたしたちに対する慈愛の中の恵みの卓越した豊富が展覧されます。主よ、わたしたちがこの時代にキリストを享受して、あなたが慈愛の中でわたしたちを赦してくださったように、互いに赦し合うことができますように。

 

 

神の命によって、わたしたちは神が赦してくださったように、赦すことができます

 

 キリスト・イエスの中でのわたしたちに対する慈しみによって、神はわたしたちを彼の恵みによって救ってくださいました。来たるべき時代、すなわち、千年期と未来の永遠において、神はこの恵みを全宇宙に公に展覧されます。

  わたしたちの命の供給としての、またわたしたちの喜びとしてのキリストに対する享受だけが、わたしたちの心を柔らかくすることができます。わたしたちが情け深いなら、人を赦すでしょう[参照、エペソ4:32]。

 

 わたしたちは日常の歩みの中で、人を赦すことと、人に赦してもらうことの両方を必要とします。これが必要であるのは、わたしたちは容易に人を怒り、また容易に人を怒らせるからです。もしわたしたちがだれかを怒るなら、赦しを求める必要があります。しかし、もしわたしたちが人に怒らせられたなら、神がキリストにあってわたしたちを赦してくださったように、他の人に赦しを与える必要があります。使徒は、この区分における彼の勧告の中で、神をわたしたちの日常生活の模範として示しています。神の命によって、彼の霊の中で、わたしたちは神が赦してくださったように、赦すことができます。(「エペソ人への手紙ライフスタディ」、第21、48編)

 

(JGW日本福音書房 回復訳聖書より)


5月の祈り 第13日

(朝ごとの食物  サムエル記上、下 結晶の学び (3) 第10週5日)

 

神のあわれみは、神の恵みよりも遠くまで届きます

 

テトス3:4-5

しかし、わたしたちの救い主・神の慈しみと、人に対する彼の愛が現れた時、彼はわたしたちを救ってくださいました.それは、わたしたちが行なった義のわざによってではなく、彼のあわれみによってであり、再生の洗いと聖霊の更新を通してです。

 

「メピボセテに対するダビデの慈しみは、神の慈しみを表徴しています(サムエル下9:3.ローマ2:4.エペソ2:7.テトス3:4-5)。慈しみ(慈愛)は、神のあわれみと愛から出てくる情け深い優しさです(エペソ2:4, 7)。わたしたちの救い主・神の慈しみと愛によって(テトス3:4)、主の恵みによって救われました(テトス2:11.3:7)。テトス第3章5節は、神がわたしたちを救ってくださったのは、彼のあわれみによると言っています。神のあわれみは、神の恵みよりも遠くまで届きます(ローマ9:15-16, 18, 23.ヘブル4:16)」。

 

 主よ、神のあわれみと愛から出てくる慈愛を感謝します。主よ、神の豊かな慈愛と寛容と辛抱強さは、わたしたちが悔い改めることをあなたが待っておられるからです。主よ、わたしたちがこのことを知って、真に悔い改めることができますように。

 

 

神の豊かな慈愛と寛容と辛抱強さは、わたしたちを悔い改めに導いています

 

 [ローマ人への手紙第2章4節は]言います、「あなたは、神の豊かな慈愛と寛容と辛抱強さとを軽んじて、神の慈愛があなたを悔い改めに導いていることを知らないのですか?」。使徒はこう言っているかのようです、「あなたは、神があなたを裁かれると思うのですか、それとも、彼の豊かな慈愛と寛容と辛抱強さとを軽んじるのですか? あなたは、神があなたを裁かれないと思っています。あなたは、彼が確かにあなたを裁かれることを知らないようです。彼があなたを裁かれなかったのは、あなたに対して慈愛があるからです。彼の慈愛は彼に、あなたに対して寛容であらせ、彼の寛容は彼に、あなたに対して辛抱強くあらせます。

 

 主があなたに慈愛があるのは、あなたを悔い改めに導きたいからです。彼があなたに対して寛容で辛抱強くあるのは、あなたが悔い改めることを、彼が待っておられるからです。彼の裁きがあなたに臨まなかったのは、彼の慈愛が彼に、あなたに寛容で辛抱強くあらせ、あなたが悔い改めることを、彼が待っておられるからです。これが、あなたが知るべきであり、軽んじてはならないことです」。(リー全集、1952年、第2巻、205-206ページ――英文)

 

(JGW日本福音書房 回復訳聖書より)


5月の祈り 第12日

(朝ごとの食物  サムエル記上、下 結晶の学び (3) 第10週4日)

 

わたしたちは、常に王の食卓で食事をします

 

サムエル下9:13

メピボセテはエルサレムに住んだ.彼が常に王の食卓で食事をしたからである。彼は両足とも不自由であった。

 

ヘブル12:2

わたしたちの信仰の創始者、また完成者であるイエスを、ひたすら見つめていなさい.……

 

「霊的に言って、わたしたちはみな、両足が不自由であった、サウル王の孫メピボセテのようです(サムエル下4:4)。わたしたちは救われた後、自分の「不自由な両足」について忘れて、わたしたちの王であるイエス・キリストの食卓に着いて彼を享受すべきです(サムエル下9:7.ローマ14:17.ネヘミヤ8:10)。神がわたしたちのために設けてくださったものは、すばらしく、豊富で、甘いのです。わたしたちはただ食べる必要があります(ヨハネ6:50-51, 53-57.マタイ8:11.22:2.啓19:9)。わたしたちは自己内省から離れ去って、主をひたすら見つめる必要があります(ヘブル12:2.2:9)」。

 

 主よ、わたしたちはメピボセテよように両足が不自由な者たちですが、王の食卓で食事をするように招かれていることを感謝します。主よ、わたしたちが自分を見るのではなく、わたしたちの信仰の創始者、また完成者であるイエスを、ひたすら見つめて前進することができますように。

 

 

わたしたちの信仰の創始者、また完成者であるイエスを、ひたすら見つめます

 

 わたしたちはみな、サウル王の孫メピボセテのようです(サムエル下4:4)。メピボセテは足が不自由で、歩くことができませんでした。ダビデ王は、彼の命を保護し、彼のすべての嗣業を彼に返し、ダビデと同じ宴席に彼を招きました(9:1-13)。メピボセテはダビデから恵みを受けた後、ダビデの食卓の上にある豊富だけを見ました。メピボセテは食卓の下にある自分の不自由な両足を見ませんでした。わたしたちは自分自身を見るときはいつでも、自分の足が不自由であることを見いだし、失望してしまいます。

 

 わたしたちは救われた後、自分の不自由な両足について忘れて、わたしたちの王であるイエス・キリストの食卓に着いて、彼と彼のすべての計り知れない豊富を享受すべきです。わたしたちは主の食卓の豊富だけを見て、それらを享受すべきです。わたしたちが計り知れない豊富なキリストを享受することによって、彼はわたしたちを造り変えます。(リー全集、1965年,第2巻(上)、「命の木」、第14編)

 

(JGW日本福音書房 回復訳聖書より)


5月の祈り 第11日

(朝ごとの食物  サムエル記上、下 結晶の学び (3) 第10週3日)

 

ダビデの心は、慈しみとあわれみ深さで満ちていました

 

サムエル上20:14-15

……エホバの慈愛をわたしに示して、わたしが死ぬことのないようにしてください.あなたの慈愛をわたしの家から永久に断ち切らないでください.……

 

「ダビデが「メピボセテよ」と言ったとき、ダビデの心にはあわれみ深い感覚があり、彼の声には喜ばしい口調がありました(サムエル下9:6-7)。この言葉の根底には、神の心を表現した心がありました(サムエル上16:7)。ダビデの心は、慈しみとあわれみ深さで満ちていました(サムエル上20:14-15)」。

 

 主よ、あなたは「メピボセテよ」と呼んだように、わたしたちの名前を呼んでくださいました。主よ、あなたの慈しみを感謝します。主よ、あなたは何とあわれみ深さで満ちていたことでしょう。

 

 

主イエスの血を見るとき、神がどれほどわたしを愛してくださっているかを知ります

 

 マグダラのマリア……は、主が園丁であると思いました。彼女が園丁に、イエスはどこにおられるのかと尋ねた時、主は「わたしは園丁ではない」とか、「わたしは彼の体を取り去っていない」とか、「あなたは女である。どうして体を得ることができるか?」とは言われませんでした。主はただ「マリアよ!」と言われました。彼女はとても良く知っていたこの声を聞くと直ちに、「ラボニ!」と言いました。わたしたちは、人が他の人を名前だけで呼ぶとき、その背後に大きな意義があるに違いないことを知っています。その日ダビデは彼の敵の孫を見て、ただ「メピボセテよ」と言いました。これは、ダビデの心には憎しみがなかっただけでなく、あわれみ深さで満ちていたことを見せています。……

 

 イエスはすでに、あなたのために死んでくださいました。これは、すでに神の心にあるものをあなたに示しているはずです。あなたは主イエスの血を見るとき、神がどれほどあなたを愛してくださっているかを知るでしょう。(ニー全集、第18巻、第32号)

 

(JGW日本福音書房 回復訳聖書より)


5月の祈り 第10日

(朝ごとの食物  サムエル記上、下 結晶の学び (3) 第10週2日)

 

神から遠く離れた罪人は、草のない場所「ロ・デバル」で生活しています

 

ローマ2:4

それともあなたは、神の豊かな慈愛と寛容と辛抱強さとを軽んじて、神の慈愛があなたを悔い改めに導いていることを知らないのですか?

 

「メピボセテが生活していた場所である「ロ・デバル」は、「草のない、牧草のない場所」を意味するヘブル語です。今日のこの世は「ロ・デバル」です(サムエル下9:4)。メピボセテは、ダビデから逃れて、草のない、すなわち、どのような命の供給もない場所で生活していました(サムエル下9:4)。神から遠く離れた罪人も、草のない場所で生活しています」。

 

 主よ、わたしたちはどのような命の供給もない「ロ・デバル」のような場所で、神から遠く離れて生活していました。主よ、あなたがわたしたちを訪れ、慈愛を示して、悔い改めに導いてくださったことを感謝します。

 

 

神の豊かな慈愛と寛容と辛抱強さを感謝します

 

 メピボセテは、ダビデから逃れて、草のない場所「ロ・デバル」で生活していました。神から遠く離れた罪人も、牧草のない場所で生活しています。…… 「サウルの子、ヨナタンの子メピボセテはダビデの所に来て、ひれ伏して敬意を表した。ダビデは、『メピボセテよ』と言った。彼は、『あなたのしもべはここにおります』と言った」(サムエル下9:6)。ここに最も喜ばしい音楽があります! 「メピボセテよ」。ダビデはメピボセテを見た時、それ以上何も言いませんでした。……

 

 あなたはかつて、ダビデが「メピボセテよ」と言ったとき、彼の心にどのような感覚があったか、彼の声の口調はどうであったか、考えたことがあるでしょうか? この言葉の根底には、高鳴る心、神の心を表現した心がありました。「メピボセテよ」は、神が人を憎んでおられないこと、神が人を欲しておられること、神が人を愛しておられることを見せています。(ニー全集、第18巻、第32号)

 

(JGW日本福音書房 回復訳聖書より)


5月の祈り 第9日

(朝ごとの食物  サムエル記上、下 結晶の学び (3) 第10週1日)

 

ダビデがメピボセテに慈しみを示したのは、ヨナタンのゆえでした

 

サムエル下9:7

ダビデは彼[メピボセテ]に言った、「恐れることはない.わたしは必ずあなたの父ヨナタンのために、あなたに慈しみを示す.あなたの父祖サウルの地をすべてあなたに返そう.あなたはいつも、わたしの食卓で食事をするように」。

 

  「メピボセテは、恵みを受ける何の立場も持っていませんでしたが、それを受けました。わたしたちと神との間にも同じ事が言えます。メピボセテが慈しみを受けたのは、自分自身のゆえにではなく、別の人のゆえにでした(サムエル下9:7)。この事は、神の御前での罪人にも言えます(ローマ2:4)」。

 

 主よ、わたしたちはメピボセテのように、神の御前に何の地位もなく、恵みを受ける立場のない者でした。今、あなたの慈しみのゆえに恵みにあずかっていることを感謝します。

 

 

神が罪人を恵まれたのは、彼の御子イエスのゆえでした

 

 メピボセテは、恵みを受ける何の立場も持っていませんでしたが、それを受けました。わたしたちと神との間にも同じ事が言えます。

 神も尋ねておられます、「アダムに属する者で、まだ生き残っている者がいるか? わたしは彼に恵みを示したい」。ダビデがメピボセテに慈しみを示したのは、ヨナタンのためでした。神が罪人を恵まれたのは、彼の御子イエスのゆえでした。人は大きな間違いをして、神は人を憎んでおられると思っています。彼らは、人は多くの善を行なわなければならない、そうしてはじめて神の御顔は自分に向けられると思っています。……

 

 多くの人は、「わたしは神を喜ばせることができる前に、善を行なわなければならない」と考えています。しかし聖書は、神は「理由なしに」わたしたちを愛しておられると告げています。わたしたちは神の御前に何の地位もなく、彼の恵みを得るべきではありません。しかし、わたしたちのヨナタン、イエス・キリストがおられます。神は彼のゆえにわたしたちを恵まれました。わたしたちが救われるのは、神の御前に主イエスを持っているからです。主があるので、わたしたちは神の御前に来ることができるのです。(ニー全集、第18巻、第32号)

 

(JGW日本福音書房 回復訳聖書より)

2022年5月全国特別集会

5月 第6日

(2022年5月全国特別集会  メッセージから)

 

主題:

神の長子としての復活におけるキリストを知り、経験し、増殖させる

 

標語

 キリストは彼の復活を通して、生まれて神の長子となりました。そして同時に、彼のすべての信者は生まれて神の多くの子たちとなりました。

 

 自己の様から救われる道は、神の長子のかたちに同形化されることです。

 

 命の霊の法則の機能は、神の長子のかたちにわたしたちを形成し、わたしたちを同形化することです。

 

 わたしたち、神の子たちが召会として集会し、御父を賛美するとき、長子はわたしたちが賛美している中で御父を賛美します。

 

 

M1:人の性質を持つ、力の中で明示された神の御子としての、復活におけるキリストを知る

 

 キリストは彼の復活の中で、「聖別の霊によれば、死人の復活から、力の中で神の御子と明示され」ました(ローマ1:4)。キリストは彼の復活を通して、生まれて神の長子となりました。そして同時に、彼のすべての信者は生まれて神の多くの子たちとなりました(Ⅰペテロ1:3.ヘブル2:10)。

 

M2:父祖に対してなされた約束にしたがって、長子としての復活したキリストを増殖させる

 

 「神は彼を復活させて、子孫であるわたしたちに、この約束を完全に成し遂げられました. それは詩篇第二篇にも、『あなたはわたしの子である.この日わたしはあなたを生んだ』と書き記されているとおりです」(使徒13:33)。「この方を通して、罪の赦しがあなたがたに宣べ伝えられているのです」、また「この方を信じる人はすべて義とされるのです」(使徒13:38-39)。

 

M3:神の長子のかたちに同形化されることによって、命の中で自己の様から救われる

 

 わたしたちはキリストにある信者、神の子供たちとして、命の中で自己の様から救われる必要があります(ローマ5:10.8:29.マタイ16:21-26)。キリストの命の中で自己の様から救われる道は、神の長子のかたちに同形化されることです(ローマ8:29)。

 

M4:命の霊の法則の形成する機能

 

 命の霊の法則の機能は、神の長子であるキリストのかたちにわたしたちを形成し、わたしたちを同形化することです(ローマ8:2,29)。わたしたちは長子のかたちに同形化されて、神を団体的に表現するために、特異性から救い出される必要があります(Ⅰヨハネ3:2)。そのために、キリストの復活の力によって、彼の死に同形化される必要があります(ピリピ3:10)。

 

M5:神の子たち、またキリストの兄弟たちは、召会の中で神の長子を経験する

 

 わたしたちはキリストにある信者として、父なる神の子たちであり、また神の長子の兄弟たちです(ヘブル2:10-11)。「召会のただ中で、わたしは賛美の歌をあなたに歌います」(ヘブル2:12後半)。これは、長子が召会の集会において、御父の子たちの内側で御父を賛美することです。(2022年5月全国特別集会アウトライン)

 

(JGW日本福音書房 回復訳聖書より)


5月 第5日

(2022年5月全国特別集会  メッセージ5から)

 

主題:

神の長子としての復活におけるキリストを知り、経験し、増殖させる

 

メッセージ5

神の子たち、またキリストの兄弟たちは、召会の中で神の長子を経験する

 

ヘブル2:12後半

召会のただ中で、わたしは賛美の歌をあなたに歌います。

 

 わたしたちはキリストにある信者として、父なる神の子たちであり、また神の長子の兄弟たちです(ヘブル2:10-11)。神の心の願いは、多くの子たちを得て、ご自身を団体的に表現することです(エペソ1:5.ヘブル2:10)。わたしたちは神の選ばれた者たちとして、わたしたちの霊の中で神から生まれて、神の子たちとなりました(ヨハネ1:12-13.3:6)。わたしたちの体が変貌させられて、わたしたちが完全な子たる身分を持つ日が来つつあります(ピリピ3:21)。

 「聖別する方と、聖別されつつある者たちは、すべてひとりの方から出ているのであり、それゆえに主は、彼らを兄弟と呼ぶことを恥とされ」ません(ヘブル2:11)。聖別する方は、神の長子としてのキリストです。聖別されつつある者たちは、神の多くの子たちとしての、キリストにある信者です(ヘブル2:10)。聖別する方は、多くの子たちを栄光へもたらしつつある方です(ヘブル2:10-11)。

 

 

神の子たちが集会して御父を賛美するとき、長子はわたしたちが賛美している中で御父を賛美します

 

 「わたしはあなたの御名をわたしの兄弟たちに言い表し」ます(ヘブル2:12前半)。長子は死人の中から復活した後、御父の子たちに出会い、御父の御名を言い表しました(ヨハネ20:17, 19-23)。長子は今日、召会の中で、御父の御名を彼の兄弟たちに言い表しています(ヘブル2:12)。

 

 「召会のただ中で、わたしは賛美の歌をあなたに歌います」(ヘブル2:12後半)。これは、長子が召会の集会において、御父の子たちの内側で御父を賛美することです。 わたしたち、神の子たちが召会として集会し、御父を賛美するとき、長子はわたしたちが賛美している中で御父を賛美します。わたしたちは御父に向かって歌えば歌うほど、ますますわたしたちの内側での彼の臨在、彼の行動、彼の油塗り、彼の命の分け与えを享受します。その結果、わたしたちは彼の中で成長し、栄光へもたらされます(ヘブル2:10)。(2022年5月全国特別集会アウトライン)

 

(JGW日本福音書房 回復訳聖書より)


5月 第4日

(2022年5月全国特別集会  メッセージ4から)

 

主題:

神の長子としての復活におけるキリストを知り、経験し、増殖させる

 

メッセージ4

命の霊の法則の形成する機能

 

ローマ8:2

なぜなら、命の霊の法則が、キリスト・イエスの中で、罪と死の法則から、わたしを解放したからです。 

 

ローマ8:29

なぜなら、神はあらかじめ知っておられた者たちを、御子のかたちに同形化しようと、あらかじめ定められたからです.それは、御子が多くの兄弟たちの間で長子となるためです.

 

 命の霊の法則の機能は、神の長子であるキリストのかたちにわたしたちを形成し、わたしたちを同形化することです(ローマ8:2, 29)。あらゆる種類の命には四つの基本的な特徴があります。それは命の本質、命の力、命の法則、命の形成です。命の霊の法則のこの形成する機能は、命の成長を必要とします。なぜなら、命が成長するときはじめて、命の霊の法則は機能するからです。命の霊の法則によって形成されることが、ローマ第8 章29 節の「同形化」されることの意味です。

 神聖な命はわたしたちの内側で成長し、わたしたちを造り変えるとき、自然にわたしたちを神の長子のかたちへと形成します(ローマ8:2.ヘブル2:10)。最終的に、命の霊の法則の機能を通して、わたしたちはみな神の円熟した子たちとなり、神はご自身の団体の表現を得ます(啓21:7, 10-11)。

 

 

わたしたちが神を団体的に表現するために、特異性から救い出される必要があります

 

 わたしたちは長子のかたちに同形化されて、神を団体的に表現するために、特異性から救い出される必要があります(Ⅰヨハネ3:2)。特異性は、わたしたちの天然の命の最終の表現であって、わたしたちの偏った、ゆがんだ特性です。ですから、わたしたちの特異性は、わたしたちがキリストをさらに豊富に経験することを妨げ、キリストを生きることを妨げ、キリストのからだとして建造されることを妨げます(エペソ3:8.4:16.ピリピ1:20-21 前半)。こういうわけで、特異性はわたしたちの存在の中の恐ろしい反キリストです。

 

 わたしたちは神の長子のかたちに同形化されようとするなら、キリストの復活の力によって、彼の死に同形化される必要があります(ピリピ3:10)。キリストの死は鋳型であり、その中でわたしたちは神の長子としての彼のかたちへと形成されつつあります。わたしたちは造り変えと同形化の過程を経過しつつあるとき、キリストの死に同形化されつつあります。(2022年5月全国特別集会アウトライン)

 

(JGW日本福音書房 回復訳聖書より)


5月 第3日

(2022年5月全国特別集会  メッセージ3から)

 

主題:

神の長子としての復活におけるキリストを知り、経験し、増殖させる

 

メッセージ3

神の長子のかたちに同形化されることによって、命の中で自己の様から救われる

 

ローマ5:10

というのは、わたしたちが敵であった時に、神の御子の死を通して神に和解させられたからには、和解させられている今、彼の命の中で救われるのは、なおさらのことです.

 

ローマ8:29

なぜなら、神はあらかじめ知っておられた者たちを、御子のかたちに同形化しようと、あらかじめ定められたからです.それは、御子が多くの兄弟たちの間で長子となるためです.

 

 わたしたちはキリストにある信者、神の子供たちとして、命の中で自己の様から救われる必要があります(ローマ5:10.8:29.マタイ16:21-26)。自己の様とは、自己の表現、現れです(マタイ16:24)。自己は魂の命であり、その強調点は、人の考えや意見にあります(マタイ16:23)。自己はサタンの具体化です。自己は、魂にあるサタンの本質であり、魂を神から独立させて、自己の意見と自己の意志を表現します(マタイ16:24)。キリストの命の中で自己の様から救われることは、自己から救われることです(ローマ5:10)。

 

 

自己の様から救われる道は、神の長子のかたちに同形化されることです

 

 キリストの命の中で自己の様から救われる道は、神の長子のかたちに同形化されることです(ローマ8:29)。同形化は、造り変えよりも高く、また信者の造り変えの究極的完成であり、命の形成を意味しています(ローマ8:29.12:2)。造り変えは内側のもので、本質の事柄であり、同形化は外側のもので、形成の事柄です(8:29)。

 

 主はわたしたちを聖別し、わたしたちを造り変えており、それはわたしたちが主のかたちに同形化されるためです。ですから、造り変えは同形化という結果になります。

 ローマ第1 章3 節から4 節では、神の御子であるキリストは原型であり、第8 章29 節では、多くの兄弟たちは原型から「大量生産された」者たちです。わたしたちが神の長子のかたちに同形化されるのは、わたしたちが一群れの神・人となって、彼と全く同じようになるためです。(2022年5月全国特別集会アウトライン)

 

(JGW日本福音書房 回復訳聖書より)


5月 第2日

(2022年5月全国特別集会  メッセージ2から)

 

主題:

神の長子としての復活におけるキリストを知り、経験し、増殖させる

 

使徒13:23, 32

「この人の子孫から、神は約束にしたがって、イスラエルに救い主、イエスをもたらしました.……わたしたちは、父祖に対してなされた約束の福音を、あなたがたに宣べ伝えているのです」

 

メッセージ2

父祖に対してなされた約束にしたがって、長子としての復活したキリストを増殖させる

 

「神は彼を復活させて、子孫であるわたしたちに、この約束を完全に成し遂げられました. それは詩篇第二篇にも、『あなたはわたしの子である.この日わたしはあなたを生んだ』と書き記されているとおりです」( 使徒13:33)。使徒第13 章32 節と33 節でわたしたちが見るのは、神の長子としてのキリストが父祖に対して約束されており、神がイエスを復活させることによってこの約束を成就したということです。復活は、人なるイエスにとって誕生でした。彼は復活の中で神によって生まれ、多くの兄弟たちの間で神の長子となりました(ローマ8:29)。

 

 

キリストの復活は、神の長子としての彼の誕生でした

 

 パウロは詩篇第2 篇7 節に主の復活を見ることができました、「あなたはわたしの子.今日、わたしはあなたを生んだ」。パウロは「今日」という言葉を、主の復活の日に適用しました。これが意味するのは、キリストの復活が、神の長子としての彼の誕生であったということです。

 使徒第13章でパウロが宣べ伝えていたのは、ヨハネによる福音書が宣べ伝えているような、神のひとり子であるキリストではなく(ヨハネ1:18.3:16)、増殖のための神の長子であるキリストでした。 キリストは復活を通して、命を分与する方としての神の長子となり、命を増殖させました(ローマ8:29)。まず、キリストは命の具体化として神のひとり子でした。今や、彼は命を増殖させるために神の長子でもあります。

 

「この方を通して、罪の赦しがあなたがたに宣べ伝えられているのです」、また「この方を信じる人はすべて義とされるのです」(使徒13:38-39)。罪が赦されることは、消極的な面についてであり、わたしたちが罪定めから解放されるためです(使徒13:38)。義とされることは、積極的な面についてであり、わたしたちが神に和解させられ、彼に受け入れられるためです(使徒13:39.ガラテヤ2:16.ローマ3:24-25)。

 

(JGW日本福音書房 回復訳聖書より)


5月 第1日

(2022年5月全国特別集会  メッセージ1から)

 

主題:

神の長子としての復活におけるキリストを知り、経験し、増殖させる

 

標語

① キリストは彼の復活を通して、生まれて神の長子となりました。そして同時に、彼のすべての信者は生まれて神の多くの子たちとなりました。

 

メッセージ1

人の性質を持つ、力の中で明示された神の御子としての、復活におけるキリストを知る

 

ローマ1:3,4

彼の御子に関するものです. この方は、肉によればダビデの子孫から生まれ、 聖別の霊によれば、死人の復活から、力の中で神の御子と明示されたわたしたちの主イエス・キリストです.

 

 キリストは彼の復活の中で、「聖別の霊によれば、死人の復活から、力の中で神の御子と明示され」ました(ローマ1:4)。キリストは肉体と成ることと復活の前、神の御子、すなわち、ひとり子でしたが(ヨハネ1:18.3:16)。復活から神の御子と明示される必要が依然としてありました。なぜなら、彼は肉体と成ることによって、神性とは何の関係もない人の性質を着ていたからです(ヨハネ1:1,14.ローマ8:3)。

 

 

キリストが人性を持つ神の御子と明示されたことは、「聖別の霊に」よりました

 

 キリストは彼の復活によって、彼の人の性質、すなわち彼の人性を聖別し、引き上げました。また、彼は復活から、この人の性質を伴う神の御子として明示されました。この意味で、彼は彼の復活の中で神の御子として生まれました(ローマ1:3-4.使徒13:33.ヘブル1:5)。彼は今や以前にもましてすばらしい方法で神の御子です。なぜなら、彼は今や神聖な性質と、人の性質(復活させられ、造り変えられ、引き上げられ、栄光化され、明示された人の性質)との両方を持っているからです(ローマ6:4.ルカ24:26.ヨハネ17:5.使徒3:13)。

 

 キリストは彼の復活を通して、生まれて神の長子となりました。そして同時に、彼のすべての信者は生まれて神の多くの子たちとなりました(Ⅰペテロ1:3.ヘブル2:10)。(2022年5月全国特別集会アウトライン)

 

(JGW日本福音書房 回復訳聖書より)