千葉に在る教会ホームページへようこそ!



8月の祈り 第3日

(朝ごとの食物 真理を認識し、真理に対して絶対的になり、現在の邪悪な時代において真理を告げ知らせる(2) 第4週2日)

 

客観的な義としてのキリストと主観的な義としてのキリスト

 

詩45:13-14

王の娘は王の住まいの内にいて栄光を極め、彼女の衣は織った物であり、金が織り込まれています。彼女は刺繍された着物を着て王の所に導かれ、……

 

「わたしたちの客観的な義としてのキリストは、わたしたちが義なる神の要求を満たすことができるようにします。またわたしたちの主観的な義としてのキリストは、わたしたちが勝利を得たキリストの要求を満たすことができるようにします(詩45:13-14.ピリピ3:9.啓19:7-9)」。

 

 客観的な義としてのキリストの贖いを感謝します。主よ、わたしたちがその霊の導きに従って、主観的な義としてのキリストを経験することができますように。

 

 

勝利を得た聖徒たちの義は主観的なものです

 

 わたしたちの救いのために受けた義は客観的であり、わたしたちが義なる神の要求を満たすことができるようにします。また……勝利を得た聖徒たちの義は主観的であり(ピリピ3:9)、彼らが勝利を得たキリストの要求を満たすことができるようにします。詩篇第45篇13節から14節で、王妃は二枚の衣を持っています。一つは、わたしたちの救いのための客観的な義に相当し、もう一つは、わたしたちの勝利のための主観的な義に相当します。(啓19:8、フットノート2)

 

 あらゆる霊的経験はまず、キリストが達成されたことを信じることから、そしてその霊の導きに従うことによって来ます。キリストの達成はわたしたちに地位を得させ、その霊の導きは経験を得させます。

 キリストの再来の時、客観的な面で神の小羊がいるでしょう。小羊の花嫁もいるでしょう。「彼女は輝く清い細糸の亜麻布の衣を着る……その細糸の亜麻布の衣は、聖徒たちの義である」(啓19:8)。これは主観的な面です。(ニー全集、第10巻、第29号)

 

(JGW日本福音書房 回復訳聖書より)



集会についてのお知らせ

千葉にある教会は、ひき続き行動自粛に努めてまいります。しかし、主日(日曜日)には、小規模のパンさきのためのあつまりを、三密(密集・密閉・密接)にならないように注意し、マスク着用で行っております。電車・バスで来られる方もマスク着用の上、ソーシャルディスタンスに注意し、状況が許される範囲でご参加ください。なお体温が37.2°以上の方はひき続き参加はご遠慮ください。

 

集会に参加される方は、まずご自宅で検温をお願いします。集会所では、非接触型赤外線温度計を用意しております。それを用いて、集会当日検温していただくこととなりました。記録して残します。そのさい37.2°を超える値が出たときは、もう一度別の体温計にて再検温していただきます。その後最終判断させていただくという手順になります。なお、食事を持ちよっての愛餐は中止しています。再開の予定は現在ありません。皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

 

また、zoomを用いてリモートで集会にあずかることも可能です。こちらの方法での参加についてはご相談ください。参加していただけるようパスワード等をお知らせいたします。集会にリモートで参加してくださる方々においても、積極的な申言・交わりをお願いいたします。

 

今後、集会の変更があった時は、LINE,ホームページ等でお知らせします。主イエス・キリストから恵みと平安が、みなさま一同と共にありますように。